ゴールを決めないと目標も手順も決まらないという話

自分の理想

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

なぜ目標を立てるのか?この疑問をもったことは1度や2度ではないと思います。特に子供のころは意味もワケもわからず面倒だから適当に決めてしまえ、と僕はやってしました。

 

ですが、今の自分の状態をもっと良くしたいとなると、目標は欠かせない要素となります。今回はその目標を立てる前の段階のお話です。

 

自分がどうなりたいのか、をまず考える

 

 

あなたの人生の目的って何でしょうか?

 

 

やぶからぼうに何だ、とツッコミが入る質問ですが、しっかりと答えられる人は何人いるかわかりません。

 

 

別に模範的な答えである必要はまったくなく、幸せな家庭をつくって家族と生きていく、でも十分立派です。反対に自分の力がどこまで世界に通用するのか試したい、という野心的なものでも一向にかまわないわけです。

 

 

学校に通っていたときでも、今職場で働いているときでも、目標をつくってそこに向かって行動せよ、と言われてきたし、現在進行形でそう言われているはずです。

 

 

これは、最終的な目的がその組織ごとに設定されていて、そのために必要なことを具体かした結果としての目標があるからです。

 

 

学校はどんな職に就くにせよ、社会人として恥ずかしくない人として送り出すため、会社は利益を上げるため。

 

 

では、自分の人生の目的を明らかにすることの意味は…?

 

 

実は、それが明確でないと、実際に行動するときにもささいなことでブレーキがかかってしまうからなんです。

 

 

僕がさんざん求人に応募しては門前払い、あるいは面接までたどり着いても結果が出なかったのは、最終的に自分がどうなりたいのか、を明らかにしなかったことが原因としてあるからでした。

 

 

僕は最初からサラリーマンになることなんて望んでいなかった。にもかかわらず、その思いを忘れて、あるいは押し殺して就職をしようとしてもまず何のためにサラリーマンになるのか、という視点が完全に抜けています。

 

 

大半の人たちがサラリーマンになる理由は生活のためでしょう。ただ、自分がなりたいものがある人は、そのためにどの職業に就くのがいいか、そのためには何をする必要があるのか、ということまで明らかだったはずです。

 

 

たとえそういうものが明らかでなくても、いい意味で自分をだますことに長けている人は、就職活動のプロセスをうまく手順化して企業の採用担当者から受け入れられる対応を取ることができます。そんな人はごく少数ですけど。

 

 

僕は良くも悪くもウソが下手で、そんなことはハナから無理です。だから、どうせなら自分の好きなこと、得意なことを仕事にできればいいなと漠然とした考えしか持たずにあいまいな行動を取って玉砕したわけです。

 

 

ただ、これでも景気が普通ならば、下手な鉄砲も…ってやつで何十もの求人からひとつくらいはひっかかるもんです。ただ、運の悪いことに当時は就職氷河期の最盛期でした。

 

 

東大生でも仕事が決まらない異常事態のなか、仕事もない地方、偏差値50程度の大学、しかも文学部という潰しのきかない学生、ビジョンなしの凡人が就ける仕事なんて最初からないのと同じです。

 

 

どういう自分になりたいのか、自分にとって理想の生活はどのようなものなのか、ということをロクに考えてこなかった僕がたとえ就職できたとしても、何の特徴もない普通のサラリーマンになったことでしょう。

 

 

それでも今のご時世だとミドルクラスだというんですから恐ろしい世の中になったもんです。

 

 

僕の理想とする自分は、世の中の情報はしっかりと押さえて、しかもそれに流されない自分を持ち、成長させることです。

 

 

収入面では特定の組織に依存しない収入を持つことであり、体力面ではなるべく医者の世話にならないように常に体を鍛え、さらに心も鍛えた状態になることです。

 

 

欲しい物があるけど、値段を見てあきらめるようなことはしたくないんです。行きたい所があるのに、体が動かないからあきらめるようなこともごめんです。

 

 

自分をもう一度よく見なおす必要がでてきますが、これは今後の人生を充実させるためには必ずやっておくべきだと思っています。

 

 

理想の1日を想定する

 

1日のはじまり

 

 

で、究極的には自分が理想とする1日はどんなものか、ということをまず考えてみます。

 

 

どんなくだらない、あるいは妄想が入っていてもOKです。ただし、人間の構造上不可能なものはナシですよ。道具なしで空を飛ぶとか、魔法を使うとかはダメってことです。

 

 

朝8時に起きて美人の嫁さんとかわいい子供と朝食を取って…それから、という感じであなたが理想とする1日を1時間単位で考えてみると、自分がどうなりたいのか、ということがだんだんとわかってきます。

 

 

まず起きる時間と寝る時間を決めておくと考えやすいかもしれません。まずあなたは何時間の睡眠が欲しいですか?ストレスのない生活なら、最低8時間は欲しい…など、自分が理想する数値は考えれば出てきます。

 

 

8時間なら残った時間は16時間…というふうに、自分がこうして過ごしたい、という時間を決めていけば、大体の形が見えてくると思います。

 

 

そうして組んでみた日程を実現させるためには何が必要か、という考えが割と自然に出てきませんか? 絶対はずせないのが時間とお金であることは誰の目にも明らかです。

 

 

そんなことはみんなわかっています。ですが、そのために何が必要で、その条件を満たすためにはどういう行動を取らなければならないのか、ということまで突きつめて考えている人が少ない、というのが現状なんです。

 

 

日々の生活に疲れて、本当に自分が送りたい生活のことまで考える余裕がない、といったところでしょうが、これをやらないと結局今のままの生活がただ続いていくだけです。むろん失業リスク込みで。

 

 

病気、ケガ、上司の機嫌をそこねて働けなくなり、再就職の見込みも暗い、諸々のリスクは変わりません。今のままですと、当然昇給や臨時収入の可能性もほぼゼロ。

 

 

それでいい、という人はそもそもこんなブログを見に来ませんので、あなたは自分の生活に限界を感じているからこそ、行動を起こすために情報を調べ始めたのではありませんか?

 

 

今の生活に希望がない、何とかしなきゃ…それは今の自分に危機感を覚えているから、行動に移そうとしている段階で、その気持ち自体はとても良いことだと思いますが、何とかしたい、では考えようも、動きようもありません。

 

 

現時点でかまいません、自分の理想とする1日を思い描いて、そこから逆算することで、自分が今するべきことは何か、ということが見えてきます。

 

 

理想の1日は大体見えてきたけど、そこからどうしていいのか、はっきりと見えてこないという人もいるかもしれません。だからこそ、当ブログが存在する意味があるんです。

 

 

どんな理想でも、それを成立させるための時間とお金、このふたつを避けては通れません。これらを手に入れないと理想の1日は絶対に近づいてはこないのです。では、どうしましょうか?

 

 

そのうえで今の自分に必要なものは何か?

 

 

今の仕事をがんばって、給料アップのため努力しますか?

 

 

もっといい仕事を求めて転職しますか?

 

 

なけなしのお金を投資にかけて一発逆転をねらいますか?

 

 

…そんなことで理想の生活が送れるなら苦労しません。社会構造が、労働では自分の望む量の時間とお金が絶対に手に入らないようにできているからみんな苦しんでいるんです。

 

 

資金はともかく、投資で生活できるようになるためには、知識と技術と人脈が必要です。それって、今以上の努力がいるのに、成功する保証はまったくありません。しかも、失敗したら借金抱えて破産する可能性もあります。

 

 

もう失敗できない段階まで来ているのに、今さらそんなギャンブルできるわけがない。だったら、どうするのか?

 

 

少なくとも、成功率がどんな手段よりも高く、しかも大体は半年で結果が出て、リスクも最小限で時間とお金がある程度手に入る手段は現状物販しかない、というのが僕のだした結論です。

 

 

僕は氷河期世代でもありますが、今さら国が僕の年代に限って公務員を増員するなんてことを聞かされても信じる気にはなれません。

 

 

だったら、なぜ20年前にやらなかったのか?

 

 

その疑問にこちらが納得できる回答をしたうえで、不当な待遇で今なおがんばっている同年代全てを無条件で救済するぐらいのことでなくては説得力ゼロだからです。

 

 

投資で生活したかったらそもそもタネ銭が1000万円はないと効果は望めません。知識もなければその関係の知り合いもゼロ。そんなものがあるなら苦労はしていないんです。

 

 

 年齢的に再就職は不可能、タネ銭もない、何も持っていなかった僕に残されていたのは物販しかなかった。それで何とか一息つけるだけの時間とお金を手に入れて、次を考える余裕も同時にゲット、というわけです。

 

 

理想の生活は見えた、けど次は何をしたらいいのかわからない、というあなたに向けて、僕はこの記事を書いています。

 

 

まずはゴールを決めないと、そのための目標も手順も行動も決まらない、という話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です