悪い評価を消す方法、ただし成功率は微妙

評価

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

Amazon物販をやっていけば必ずいただくことになる「評価」ですが、いつも良い評価をもらえるとは限りません。たとえこちらに全く非がなかったとしても、「良くない」評価がついてしまうこともあります。

 

そんな時どうするか、一応その評価を消す方法がないわけではありません。確実なものはない、という条件つきですが。ただ、やってみる価値はあるのでその方法をご紹介します。

 

機械的に消す

 

削除アイコン

 

 

もし3以下の「良くない」評価がついてしまったとき、まず評価に添えられたコメントがあれば確認します。セラーセントラルの評価のリンクから見ることができます。

 

 

このコメントの内容によっては評価を削除してもらえる基準となります。具体的には…

 

 

1.コメントの中に卑猥な言葉が含まれている場合
2.コメントの中に名前や電話番号などの個人情報が含まれている場合
3.コメントが商品レビューに終始する場合
4.コメントの内容が、FBAおよびカスタマーサービスに特化したものである場合

 

 

 

だそうです。

 

 

1は要するにエロ関係な言葉が含まれている場合です。下ネタも対象ですので、こういう表現があったら問答無用で削除です。もっとも、物販をやっていてそれなりに評価もいただいていますが、そんな表現見たことありませんけどね。

 

 

2は当然ですね、購入者にリスクがあるので削除されます。これも見たことがないのであまり考えにくい状況です。

 

 

3はこちらの対応ではなく、商品の良し悪しだけをコメントに書いていた場合です。この「だけ」というのがあいまいで、この不具合を説明に書かなかった、なんて事実無根な内容でも混じっていたら消されない可能性があります。

 

 

4も良くある例で、このためにFBAを使っている意味があります。説明と違う、とか壊れていた、なんて内容は配送による可能性があるため、削除対象になりえます。自己配送だとこの理由では削除されません。

 

 

リスク管理という面でもFBAの優れている理由のひとつがこれです。反面どんな理由であっても返品を問答無用で受け付けてしまう、という別のリスクも存在しますが、メリットの方が大きいので無視してかまわないレベルです。

 

 

これらに当てはまるコメントが書かれていた場合は、セラーセントラルの評価画面に行き、

 

評価欄

 

画面右側にあるプルダウンメニューから、「削除を依頼」という項目をクリックします。自動判定が行われ、削除条件を満たす、と判断されれば評価は自動で削除されます。

 

選択画面

 

この機能は比較的最近になって搭載された機能ですが、僕も商品レビューだけが書いてあった評価があったため、この自動削除を試してみたら、すぐに消してもらえました。

 

 

ただし、たとえこの条件に合ったコメントだったとしても、判断はAmazonがするので削除してもらえないこともあります。こうなると面倒なことですが、購入者に「お願い」をして削除してもらうことになります。

 

 

お願いしてみる

 

メールを送る

 

 

大前提として、評価の操作を疑われるようなメールを購入者に送るのは規約違反です。なので脅迫めいた口調は論外ですが、「評価を消してくれたら…」なんて文面でもアウトです。注意してくださいね。

 

 

とにかく低姿勢に、悪い評価を付けてきた人はもちろんですが、一言だけで「良かった」なんてコメントをつけて評価3を付けてきた人にも丁寧に「お願い」してみましょう。ダメもとです。

 

 

こういうときに役に立つのが、相手に「返金する許可が欲しい」というお願いで始めます。丁寧かつ相手の自尊心をくすぐる表現なので好意的に受け止められやすい長所があります。

 

 

そのうえで問題があって申し訳ない、ついては全額返金させていただきたいので許可をいただけませんか?という内容のメールを送ります。

 

 

商品を返品する必要はない、そのうえで当店に対する評価が変わることがあったら下記のリンクから評価を削除していただけるとありがたい、と結びます。

 

 

Amazonの評価の削除リンクです。これも最後に付け加えるのを忘れないでください。

 

 

もう1回言いますがダメもとです。確率的にはそう高くありません。穏やかな性格の人ならこれで評価を消してくれる可能性があります。気難しい人だったらあきらめるしかありません。

 

 

まだ物販を始めたばかりで評価が少ないうちは、1個の良くない評価が結構痛いものです。できればその評価を消してもらえれば大変助かりますよね。

 

 

今挙げたように、「良かった」とだけ書いて評価3をつける人は結構います。意図不明で削除基準でないコメントなのでAmazonは削除してくれません。購入者にメールを送っても無視されることもあります。あくまでやってみるだけだと思ってください。

 

 

意味不明な評価は必ずもらうと思うこと

 

 

本を売っているときに、僕も理不尽な評価をもらったことがあります。注文しておいて、数日後にキャンセルしろとだけメールが来て、その通りにして2週間ほどしたらいきなり最低評価を付けられたのです。

 

 

コメントはひとこと、「悪い」とだけありました。当然ですがAmazonは削除してくれず、こちらもコメントで経緯を説明しておきました。正直こちらの評価を落とすためにやったのか、とすら思ってしまう出来事でした。

 

 

Amazonのシステムにも不備があります。何で購入していない人が出品者の評価をできるのか、発送前にキャンセルしておいてぬけぬけと商品の状態まで悪い、と評価にあったのです。わけがわかりません。

 

 

ただ、物販をやっていてこのようにヘンな人が客になることからは避けられません。ケチのついた案件にこだわると時間と労力を浪費してしまうので、気持ちを切り替えて次に行った方が精神衛生上良いと思います。

 

 

悪意があったかどうかはわかりませんし、それ自体はどうでもいいことです。損害を受けて気分が悪いのは確かですが、それに固執すると結果的に時間とお金を失います。販売機会はこれだけではない、と開き直るのも大事です。

 

 

それに、悪い評価はそれ以上の良い評価で覆ってしまえば目立たなくなります。良い評価をたくさんもらえるようにした方が建設的です。

 

 

頻度的にはそう多くないとは思いますが、いざ自分がその現場に立たされたとき、対処法を知っているのといないのとでは雲泥の差が生まれます。

 

 

悪い評価を消してもらえればそれでよし、もしうまくいかなくても気にせず次に行く、という気持ちの切り替えが大事だというお話でした。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です