休日の使い方と単独行動のすすめ

コーヒーブレイク

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

僕は失業した状態から物販を始めたので、これ一本の専業で仕事をやっています。平日も休日もありませんが、これが慣れるとまったく気にならなくなります。

 

むしろ普通に働いていたころより曜日に縛られることがなくなり気分は大分楽になったと思っています。

 

専業の人はもちろんですが、本業を持ちながら副業でこの物販をやっている人、やろうと思っている人も、土日祝日は平日以上に仕事日和だというスタンスで考えてみました。

 

平日休日というのはサラリーマンの発想

 

オフィスビル

 

 

専業副業関係なく、物販をやるからにはあなたはプロです。仕事のプロに平日休日という概念を持ち込むこと自体不自然です。お客さんから問い合わせが入ったら24時間以内に返答しないとクレームになるかもしれませんから。

 

 

対応はその日のうちにやっておくほうがいいことがほとんどです。たとえ副業でやっていても同じです。すぐに対応できない場合はそのムネをお客さんに対して報告して、少し考える時間をもらいましょう。

 

 

問い合わせはそう頻繁に来るものではないですけど、対応する気構えは常にもっておくべきです。今日は日曜日で休みだから、なんて発想がよろしくないのは考えればすぐにわかると思います。

 

 

曜日感覚を捨てろ、と言っても過言ではないかも。だからといって1年365日いつも仕事しろ、なんて言うつもりは毛頭ありませんのでご安心を。

 

 

第一、物販を始めてから僕は目覚ましをセットすることがなくなりました。不眠ぎみになったことも関係しているかもしれませんが、セットしたって意味がなくなったからです。

 

 

なぜか、始業時間なんてものは自分で決めるからです。極端なことを言えば、今日はやる気がないから休み、としても問題ないわけです。やりませんけど(笑)

 

 

朝がバタバタするのは嫌いなんです。どうしても出かけなくてはいけない日はイヤイヤ準備をします。ストレスたまります。働いていたときは毎朝6時に起きるのが面倒でしたから。

 

 

朝食時もぐったり、もといゆっくりしています。食事自体は比較的早めに済ませますが、食後ニュースをネットで見たりしていますので、作業開始まで結構時間がかかります。

 

 

歯みがきも結構念入りにやります。磨き方がヘタだったり、元々口の粘膜が弱くて良く口内炎になったりするので、いい加減にやるとすぐ歯か歯茎の調子がおかしくなってしまうのです。

 

 

普通の歯ブラシ、根本と歯茎磨き用のミニブラシ、仕上げに歯間ブラシを使うので5、6分はかかります。検診に行ったときに磨き方にキツイダメ出しをいただきましたので、それから念入りにやっているつもりです。

 

 

若いころならいざ知らず、ある程度年を取ったら歯科検診には行くべきです。思った以上に歯も歯茎も疲弊しています。特に歯茎、歯周病予備軍はたくさんいるそうですから。僕も例外ではありませんでした。それ以来せっせと通ってます。

 

 

こういう定期健診も、お金と時間がないと都合よくは行けないんですよね。そのために仕事休んでまで行けるか!となって結局行かずじまい、というパターンが多い気がします。で、悪循環の始まりになる……

 

 

まあ、平日は病院とか役所への手続きとかはスムーズに行けますね。昼間なら自己配送やフリマ経由での荷物も楽に出せますし。ただ、駐車場の狭い郵便局や運送会社で、長時間車で休憩している輩には殺意わきます。

 

 

と、いうふうに、平日は外出が必要な用事を足すのに向いているので、専業の人はそれをメインにして、座り仕事よりはこちらを優先させる傾向があります。用がない日は座り仕事です。

 

 

で、いわゆる休日の仕事ですが、平日にやらない、あるいはやれない仕事をやるにはうってつけの日だということです。用足しの機関はみんな休んでいます。

 

 

いつもなら面倒で後回しにしがちな管理方面の仕事をやっておくと、平日やることに集中できます。副業でやっている人ならまさに仕事をするチャンスと言えるでしょう。

 

 

副業は本業の合間もしくは終わった後にやるのでキツイですよね。体力や集中力が減った状態から始まるのでできるだけ効率的にやらないとすぐ心が折れます。

 

 

実際は営業日だけど土日祝には発送しない

 

運送トラック

 

 

一応Amazonの自己配送の設定で休日にも発送するかしないか、を決める項目はあります。僕の自己配送は郵便局を使うので土日祝日、いわゆる休日に発送はしない設定にしています。

 

 

自己配送でもFBA並みにカートを取りやすくなるマケプレプライムという制度があります。メリットはカートが取りやすくなるので早く売れる可能性が高まる、というものです。

 

 

その代わり支払う代償が大きくて、注文が入ったら即日発送とか、休日でも変わらずすぐに対応しなければならないとか、とにかくこちらに求められる滅私奉公ぶりがハンパじゃありません。

 

 

大きな会社で、配送部門を持っている所しか使っちゃいけない制度だと思います、プライムは。個人事業主レベルの人が使うと過労で倒れますね。

 

 

いかに時間を有効に使うか、は職業関係なく人生の命題のひとつだと僕は思っていますので、自分に有利に働く要素は可能なかぎり利用しましょう。

 

 

平日と同じように対応できたとしても、休日は時間を確保してその分別の仕事をすれば望む状態が近づきます。

 

 

最近は妙なウイルスが広がりつつあるので、外出する人は減っているとは思いますが、自分は自分、目標達成のために必要ないと思われる行動はとらず、土日祝日だろうとリサーチを続け、仕入れ、準備をするのが大事です。

 

 

専業の人はもともと曜日なんて自己配送くらいしか違いがないので、副業の人向けの時間配分の方法みたいになってしまっていますけど、曜日感覚自体がサラリーマンの発想というのは事実です。

 

 

どうせ息抜きをするなら、平日にやったほうがいい場合もあります。どこに行っても休日よりは空いてますよ、今だと外出自体が危険になってますけどね。

 

 

となると不要不急の外出を避け、今できることに集中する、という政府の通達みたいになってしまいます。要は物販における通常業務をしておけ、ということですね。

 

 

己の孤独を愛せ

 

ひとりで充実

 

 

物販にせよ他の起業にせよ、基本自分ひとりで行うものです。理解はしてくれても、賛同して一緒に行動する人なんていないのが普通です。

 

 

同じ仕事をしている人に悩みを聞いてほしい、などと考えている人は自分ひとりで仕事をすることに向いていませんので、大人数のチームでやる仕事に就いた方が長続きすると思います。

 

 

僕は昔から単独行動に慣れていたのでこの仕事も特に違和感なく始められ、そして続いています。別に友達がいないわけじゃありません。多くはいませんが、ちゃんといます。

 

 

方針を決めて行動して結果を残すのは自分だけです。助言してくれる人がいたとしても、行動と結果は自分ひとりで責任を負わなければならないのです。

 

 

また、自分ひとりで仕事をするなら一般的な社会常識からは一歩離れる、という前提をもつことが大事です。休日により働いた方が充実する、と考えるのもそのひとつにすぎません。

 

 

日本人の特性ですが、みんなと同じことを考え、みんなと同じ行動をすると安心してしまう傾向があります。物販もその考えで動くと危険です。

 

 

この商品が売れる、みんな出品している、だから大量に仕入れよう、となった結果どうなるかというと、大抵供給過剰になって値崩れし、利益がほとんど取れなくなります。よほどの人気商品ならこの限りではありませんが。

 

 

どちらかというと過当競争の場から離れてニッチな商品を探したほうが利益は取りやすいと思います。その商品がすぐ売れるかかどうかはモノレートで判断すれば仕入れすぎるということもないですし。

 

 

ブルーオーシャンとレッドオーシャンという言葉がありますが、ビジネスは基本的に参入者が少ない分野にいち早く進出して、先行者利益を取るのが良いとされています。

 

 

その考え方の根本は、過当競争を避ける、ということに他なりません。誰もが考えることに自分も倣ったら、必ずそれに巻き込まれて疲弊し、利益は大して得られないことが多いのです。

 

 

全部一般常識に逆張りして生きろ、とまでは言いませんが、普段人が考えない、実行しないことを試してみると、今までは気が付かなかったことに気づけるかもしれません。

 

 

常識では休日となっている土日祝日こそ仕事を充実させる日だと考えて成功に近づくのは、その最初の一歩に最適ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です