才能より行動力、物販の場合

才能

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

物販は難易度が低いものの起業に分類されますので、自分には無理なんじゃないか、才能がないとできないんじゃないか、と不安に思う方もいるかもしれません。

 

しかし、特別な才能が必要な分野はそう多くなく、物販もまた同じです。特別どころか、正しい知識と行動力さえあれば誰でも再現可能な範囲におさまっているからこそ、僕がすすめています。

 

才能より行動力のほうが大事だというお話です。

 

そもそも才能の定義があいまいだということ

 

よくわからない

 

 

才能っていうと、天才と呼ばれているような人が発揮するものだ、と一般的には思われていますが、そんな人は一握りどころか、一つまみしかいません。

 

 

才能という言葉の定義もあいまいで、好きなことに寝食忘れて没頭できることも才能ですし、何かにつけて粗探しして矛盾点を指摘する人は、嫌われる確率が高いでしょうが一種の才能の持ち主なのは確かです。

 

 

では、物販における才能って何?と考えてみましたが、要はブームになった商品をいち早く仕入れて大きな利益を出し、すぐに次に商品を見つけてそっちにシフトする、なんてことがイメージされているのだと思います。

 

 

最近で言うとマスクの転売が問題になりましたが、あれはあれで大したものだと思います。倫理的には問題あるし、マネしようとも思いませんが、時流を見定めて見事に売り抜ける、素早い行動がとれる人だなとは思っています。

 

 

ですが、そういう意味での才能は物販には必要のないものです。あれはどちらかというと先読みに近い類の能力であって、ガンダムで言うところのニュータイプ能力に近いものではないでしょうか?

 

 

現状を直感で素早く判断して瞬時に行動する、それはそれですごい能力ですが、それと物販で利益を出すこととは関係ありません。アムロやカミーユに商才があるとも思えませんし。

 

 

もちろん僕にそんな才能はないし、特別に優れた嗅覚もずば抜けた商才もありません。あるとすれば、正しい知識をもとに愚直に行動した、という事実だけです。

 

 

マスクの例みたいなことがなぜニュースになるのかというと、珍しい例だからです。珍しいということは数が少ないことの裏返し。数が少ない、つまり再現性の低い、不安定な方法を使っているから目立つんです。

 

 

はた目には万馬券やロト7の1等を当てた、みたいなハデさがあって魅力的に映るのかもしれませんが、一方でこれらの商品は高い利益を取れる期間が短く、継続的にお金を生み出してはくれません。

 

 

いつもそんな爆発力のある商品を仕入れて利益を出せるとは思えませんし、そんな人がいるならまぎれもない天才ですが、天才をマネすると大抵悲惨な結果が待っています。

 

 

僕の中の天才の定義は、「原理、論理をすっ飛ばしていきなり正解を導き出せる人」のことです。どうしてこうなったのかはわからないけど、これが正解、とわかって結果を出せる人です。そんな人をマネできるわけないじゃないですか。

 

 

1回行動して行きづまって、それでも行動する

 

光の差す方へ

 

 

僕は今の販売形式に変える前には本を売っていました。ただ、それを始めた時期が遅く、ブックオフにも利益を取れる本が並ばなくなって利益が取れなくなっていき、僕の物販は一度行きづまりました。

 

 

正しい知識を頭の中に入れないと行動してもいずれ停滞します。ただ、行動した結果たとえうまくいかなかったとしても、それは自分にとっては前進だと思っています。

 

 

本を売っていたからこそ、Amazonのアカウントもあらかじめ持った状態で今の物販を始めることができたし、評価も最初から数百もの良い評価をもってスタートできました。

 

 

こういう事態になったときどう行動すればいいのか、ということを分かった状態で始められるのは、何も知らない状態から始めるのとはわけが違います。

 

 

1回本で行きづまっているので、僕には特別な商才はありません。実例がそれを証明しています。僕がそれを持っていたならすぐに次の商材を見つけて大きな利益につなげることができたでしょう。

 

 

でも現実はそうじゃない、僕がやっているのは過去の統計から売れる商品、利益の取れる商品をどう仕入れるのか、ということをモノレートで調べてリスト化することです。

 

 

全期間

 

 

このグラフを見ていけば利益の取れる商品か、どの程度売れる商品なのかがわかるからです。大胆な予想も直感的なひらめきも必要ありません。

 

 

関連記事:何を仕入れるべきか、モノレートと3つの視点でわかる

 

 

それらを根気強くリサーチしてリスト化してそのリストの商品を仕入れてAmazonに送る、これをひたすら繰り返すだけです。才能ではなく行動力が必要な理由です。

 

 

他の方法よりは結果が早く出るとはいえ、そこに至るまでには多くの時間を費やし行動することが必要です。僕はそのとき不眠ぎみになっていましたが、眠れないときは深夜に起きてリストを充実させるための作業をしていました。

 

 

ある程度安定して商品を仕入れられるようになったら結果が出るのはすぐです。あとは仕入れの規模を大きくすれば月20万円の壁は簡単に越えることができるようになります。

 

 

その状態が、次を考えられるようになる時間とお金の余裕を手に入れた、と言える状態です。

 

 

こうなるのに必要なのは何度も言いますが、ひたすら行動することです。それができるのも一種の才能と言えるかもしれませんが、世間一般が言うところの「才能」は必要ありません。

 

 

行動するためにはある程度強い動機がいるとは思いますが、それは自分の置かれた状況と自身の感情が関係するもので、それもまた才能は別の次元で起こるものではないか、と思っています。

 

 

よって、物販には先読みするニュータイプ能力なものも、プロギャンブラーのような能力も必要ない、ということです。正しい知識に基づいて行動し続けることができるなら、誰でも物販で利益を出すことは可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です