同一労働同一賃金が無意味なワケは身分社会だから

収入格差

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

良く日本の制度を批判するために海外の例が持ち出されますが、基本的に国や大企業にとって都合のいい所だけつまみぐいされ、彼らに都合の悪い事実は海外の例であっても無視されます。

 

基本的にやる仕事によって賃金が違うのが海外、現在の日本には各人が担当する業務に明確な範囲が決まっていないため、勤続年数で賃金に差がついています。

 

景気がどんどん上がっていく時代はそれでも問題はありませんでしたが、不景気になってボーナスステージが終わった途端この制度の欠点が浮き彫りになりました。正社員の給料を定期的に上げるのが難しくなったのです。

 

要するに、非正規雇用が爆発的に増えたのは当時高い給料をもらっていた中高年たちが、自分の待遇を下げたくないから意図的にやった、としか解釈できません。

 

上の立場にある者が率先して自腹を切るなんてことがあるわけないので、この流れは必然でした。問題は構造的なものなので、これを放置して上辺だけいじったところで解決するどころかさらにややこしくなるだけです。

 

収入源を今の仕事だけに頼っている限り、どんなに理不尽な待遇変更にも従うしかありません。同一労働同一賃金というお題目を唱えたところで待遇が良くならないのは予想がつくと思います。

 

非正規は据え置き、正規は待遇悪化

 

 

減俸された

 

 

 

そもそも正規非正規という分け方自体がおかしいのですが、なぜこんな身分制みたいなものをいつまで残しておくのか、という疑問があります。

 

 

人をつくるのは環境によるところが大きい、と僕は考えていますので、正規の環境にいれば誰でもひとかどの正社員にはなれます。その環境にいて適性を欠く人は残念ながらどの時代でも正社員には向いていないでしょう。

 

 

士農工商の時代と変わることなく、特殊な技能を要するもの以外の仕事なんてよほどの能力差がない限り普通の人にも十分こなせるものです。違うのは機会があるかないか、それだけです。

 

 

同一労働同一賃金なんて言葉が必要なこと自体、日本は身分社会だということを代弁しているようなものですが、それをやったところで大して混乱もないだろうことが予想できるのは、やっている仕事内容に大差がないからです。

 

 

接客業なんて特に普段の業務に差が少ないもののひとつでしょう。いつもバックヤードに引っ込んでいる偉そうな人はともかく、普段店内で接客している正規と非正規にいかなる差があるのか僕にはわかりません。

 

 

昔の武士身分に相当する公務員はどうでしょうか?お役所の窓口でせっせと働く人は常に非常勤で、奥でふんぞり返っている人が正規のことが多いですね。今や公的機関で働く人の4割が非正規だと言われています。

 

 

この身分構造を放置しているにもかかわらず、同一労働同一賃金だけが動いたところで、何やかんやと理由をつけて非正規の待遇が上がることはないでしょうし、もう一方で正規の待遇は下げられるでしょう。

 

 

国はともかく、民間企業は原資が限られていることに変わりはないので、上がった部分はどこかで帳尻を合わせる必要があります。ボーナスは上がるが手当はなくなる、それで今期は業績悪化につきボーナスカット、とかね。

 

 

僕がかつてそうだった、ボーナスなんて縁のない名ばかり正社員でも待遇下げは普通に行われるでしょう。たとえ非正規雇用がその会社にほとんどいない場合でもです。

 

 

国も企業もこれ幸いと待遇下げに熱心になるのは容易に想像できます。彼らの願いは給料を1円も出さずに人をこき使うことですからね。国がそれを促進するのは狂っているとしか表現できませんけど。

 

 

時代が変わり、通用しなくなったビジネスモデルにしがみつき、自分は一切変化を拒否し、下の立場に負担を押し付ける。努力不足なのは経営者の方だと思います。議員や官僚もですけどね。

 

 

となると、事件は現場ではなく、常に上の立場の利己的な考え方から起こっている、と言っていいようです。

 

 

身分にしばられないためには自分で稼ぐこと

 

道がひらける

 

 

大企業だろうが、中央官庁だろうが、言わずもがなの中小零細企業だろうが、上の都合、それも大抵はくだらない個人的な欲望のために待遇を下げられ、最悪仕事そのものがなくなることはこれからさらに増えるでしょう。

 

 

1度失業すればよほどのキャリアの持ち主でない限り同じです。ヘタに大企業を辞めて中小企業を受けても、何か問題行動をしてクビになったのか、と思われます。

 

 

僕はサラリーマンとしてはポンコツもいいところでしたので、新卒で入った会社なんてないですし、常に次が決まらず失業していました。ボーナスはおろか、昇給も経験したことがありません。

 

 

派遣やバイトにいたっては交通費すら出ず、通勤するだけで赤字です。同一だなんだと言うなら、まず交通費くらいは普通に出さないと話になりません。

 

 

社員食堂を使わないとか、いかにも日本企業的な陰湿さが感じられます。正社員にあらずんば人にあらず、と言いたいのでしょうか。正社員までもがかつての植民地政策のような「分断して統治せよ」の犠牲者になっているのです。

 

 

士農工商という身分制度の不満をそらすために、さらに下の身分をつくったことと同じです。奴隷を欲するという点では人類社会は古代から一歩も進んでいないとしか言いようがない。

 

 

雇われている限りその身分社会に否が応でも縛られる。どんな理不尽な命令でも甘んじて受け入れ、最悪犯罪の片棒を担がされ、いざ事が明るみに出たら自分だけ責任を取らされ逮捕そしてクビ、指示した上役だけがのうのうとしている。

 

 

補助金ほしさに人を使い捨てカイロのようにお試しで雇い、気に入らなければゴミのように捨てる零細企業、交通費も出さず、食堂も使わせず、直接雇用を防ぐために2年11か月でクビにする派遣会社、少しでも自分が気に入らないといびり出すお局パート、挙げればキリがありません。

 

 

江戸時代なら優秀な人が後継ぎのいない武家に養子縁組してその壁を超える、という方法もありましたが、今はそれすら望めません。どんなに優秀であっても、それは下働きとして優秀だとしか上は判断しません。

 

 

身分が違うので、どんなきれいごとを言ってみたところで待遇差が埋まることはなく、同一労働同一賃金という目標がひとつ増えただけのことです。

 

 

現状この悪循環から離れて生きるためには自分で稼ぐしか方法がない、と僕は思っています。

 

 

その稼ぐ方法は自分で仕事をつくること、その第一歩として最適なのが物販だと思います。本気で自分で起業しようと思ったらまず最低限の勉強が必要ですが、物販はその量が多くないからです。

 

 

また、宣伝、販売するための力も大手サイトの力を借りるため、大したことをしなくても商品が売れます。売る商品を選ぶことは大事ですけどね。

 

 

将来どんな政策が実行されてこの差が縮まるのかどうか知りませんが、そこまで生き抜くにも時間とお金が必要です。

 

 

クレジットカードがあるなら少し先に備えて時間とお金の余裕をつくっておくと、状況が好転したときの動きの速さもまったく違ってきます。そうするだけの余裕を手に入れてほしい、と僕は思っています。

 

 

身分制度の壁を超えるより、その壁を無視して違う道を歩く、そっちを選んだほうが道が開けることもある、ということを多くの方に知っていただきたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です