作業で役立つ物・オンライン

オンラインツール

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

現物で役立つ物は納品作業用、今回のオンラインツールはリサーチに役立つ、というか必須のものを紹介します。とは言っても数は少ないですが、あまりにツールが多いのも面倒だと思いますので、最小限で済ませるならこう、という感じです。

 

オンラインツールはリサーチ用

 

 

納品に使う道具を紹介した次は、オンライン上でのツールを紹介してみようと思います。

 

 

これらのツールは、ブラウザであるGooglechrome用のプラグインと、ブラウザで動作するASPがありますが、そこまで細かく覚える必要もないので、参考にしていただければと思います。

 

 

ネットで仕入れをするときに役立つものがほとんどです。それは、主に商品のリサーチで使うものですので、これをあらかじめ用意しておくと仕入れに有利になるでしょう。

 

 

①モノゾン
 
モノゾン
 
 
 
 
 
Amazonで商品が月に何個売れているか、数字で表示してくれるツールです。1~3か月のそれぞれの数値と、3か月平均の数字をひとつの表がモノレート画面に追加されます。
 
 
 
 
 
数字が完全に正しい、とは言い切れないんですけど、参考としては十分です。これがないと、モノレートのランキンググラフが上下した数を地味に数えないと売れ高はつかめません。
 
 
 
 
 
こちらをクリックするとモノゾンのページに飛べます。もちろん最初にGooglechromeをインストールしてあることが前提です。chromeをインストールしていない人は今すぐ入れてください。
 
 
 
 
 
ページに飛んだら、青い「chromeに追加」というボタンをクリックします。インストール作業はこれだけです。簡単ですね。
 
 
 
 
 
 
インストール後に、画面右上にモノゾンのアイコンが追加されていれば問題なくインストールできています。あとはモノレートに行って何でもいいので商品ページを見てみてください。
 
 
 
グラフ追加
 
 
 
 
商品の画像の右側に、表が出てきたのがわかるでしょうか?
 
 
 
 
これでこの商品が月に何個売れているのか、3か月での動きはどうか、3か月平均で何個売れているのかがわかります。これを見て商品を今何個仕入れるべきか、の目安にします。
 
 
 
 
詳しい目安の決め方は別記事で紹介していますので、そちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
②モノサーチ
 
 
 
プラグイン
 
 
 
 
Amazonからの情報をさらに取りやすくし、リサーチを効率よく行えるようにするツールです。こちらもchromeの拡張プラグインです。
 
 
 
 
 
主に使うのは、Amazonの商品ページからモノレート、FBA料金シミュレータ、他サイトへのリンクや他セラーの在庫数の確認です。これとモノゾンを併用して、仕入れる数を決めたりするのに役立ちます。
 
 
 
 
こちらのページからchromeに追加してください。
 
 
 
 
追加後、Amazonの商品ページを検索すると、
 
 
 
 
表を追加
 
 
 
 
このようなデータ表が商品ページの下に表示されます。ここではランキングやAmazon本体が販売しているかどうか、をよく見ることになるでしょう。
 
 
 
 
ちなみに、有料版のモノサーチProというものがありますが、物販を始めた時点では使わない機能しかないと個人的には思いますので、導入しなくてもいいかと。
 
 
 
 
検索した商品ページに飛ぶと、画面下にツールバーが追加されます。
 
 
 
 
ツールバー
 
 
 
 
僕が使っている画面なので、リンクの数を減らしていますが、ここに楽天やヤフーなどの他サイトのリンクも初期では表示されます。価格差を使って仕入れる場合には有効です。
 
 
 
 
この画面でよく使うのは、モノレートとFBA料金シミュレータへのリンクです。特にFBA料金シミュレータは普通にアクセスしたときと違い、カート価格を自動で入力してくれます。これで仕入れ価格を入れればすぐに利益率を計算できます。
 
 
 
 
消したいときは右下のCLOSE、と書かれたアイコンをクリックすれば消えてくれます。キーボードのEscキーを押しても出し入れできますので、使い勝手もいいと思います。
 
 
 
 
次によく使うのは、商品ページから出品者一覧のページに飛んだときです。
 
 
 
 
他の出品者
 
 
 
 
これは必ずしもオススメしませんが、他セラーのIDをクリックするとそれをコピーする機能もあります。他セラーの商品を自分も扱うときに便利です。
 
 
 
 
でも、やりすぎにはご注意!他セラーの商品パクリは出品者の数が増えて今の価格相場を壊すおそれがあります。自分が売り切れれば問題はないんですけど、もしある程度数を仕入れてから相場崩壊が起こると目も当てられません。
 
 
 
 
やるなら、あまり出品者の多くない商品に狙いを絞ってやったほうがいいでしょう。
 
 
 
 
③Amazon Seller
 
 
 
セラーアプリ
 
 
 
こちらはスマホアプリです。Amazonのアカウントを使って在庫や注文、出品などを行えるツールですが、僕の使い方は主に商品が出品できるかどうか、商品が危険物かどうかを確認するために使います。
 
 
 
 
iPhoneの人はApp Storeから、androidの人はGoogle Play Storeから「Amazon Seller」と検索すればすぐに出るはずです。そこからアプリをインストールしてください。
 
 
 
 
アプリを起動すると、Amazonのログイン画面が出てきます。PCと同じようにログインしてください。二段階認証を使っているときもPCと同じやり方です。
 
 
 
起動画面
 
 
 
 
僕の使い方は、商品登録のタブをタップし、そこから商品を検索して自分がこの商品を出品できるか、その商品が危険物かどうかを確認します。
 
 
 
 
出品許可がないと出品できない商品の場合は、商品の画像の上に「出品許可が必要な商品」と表示されますし、危険物の場合は画像の右側に赤い矢印のようなアイコンが出ます。
 
 
 
 
マークに注目
 
 
 
 
危険物だとFBAで売ることができません。自己配送や他のサイトで売るか、その商品自体を仕入れないのが対策になります。詳しいことはまた別の機会で解説します。
 
 
 
 

最小限だがどれも必須といえるものぞろい

 

 

主に僕が使っている3つのツールを紹介してみました。どれもリサーチには欠かせないツールと言っていいでしょう。

 

 

どの商品を仕入れるべきか、商品が決まって、それをいくつ仕入れるべきか、危険物ではないだろうか、それらを解決してくれる優れものだと僕は思っています。

 

 

しかもどれも無料で使えるのがすばらしい。物販を始めたころは資金に乏しく、しかもこれからうまくいくか不安な時期ですから、余計な出費はないにこしたことはありません。

 

 

現状、もっとも結果が出るのが速く、しかもリスクがもっとも少ない手段が物販なのはまちがいないのですが、それでも作業を始める前に不安なことは減らしておいたほうが精神的にも楽ですからね。

 

 

これらを使って不安の少ない物販デビューを飾っていただければ、と思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です