商品が返品された、返送か廃棄か

返品

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

AmazonのFBAは商品が売れた後の梱包、発送、アフターサービスを自動化してくれるすばらしいサービスですが、売れた商品の中には理由を問わず返品されてしまう物が必ず混じります。

 

これはこちらがどんなに最善を尽くしても数%は発生してしまうので、ある程度は仕方がありません。必要経費と思うしかないのですが、そうなったときどう対処するか、その方法を僕なりにまとめてみました。

 

返品は割合問題なのである程度割り切る

 

 

最初にも言いましたが、返品されることを100%防ぐことはできません。たとえ検品の段階で完璧にこなしたとしても、Amazonの規約には購入後30日以内は無条件で返品を受け付けるようになっているからです。

 

 

したがって、自分の作業に落ち度があったのかも?などと自分を過度に責める必要もありません。品質管理が万全な(であろう)メーカーの倉庫から直送された商品だろうと、同様に返品は起こりえます。

 

 

買ってからやっぱりいらなくなった、理由はわからないが気に入らない、なんて身勝手な理由でも返品されるのです。これがこちらの責任なんて思う人はいないでしょう?

 

 

ちなみに、FBAだと「指定期間内に配送不可」という理由で返品される例があります。僕も何度も経験しています。ですからこうなったときに視点は「なぜ返品されたのか」ではなく、「返品された商品をどうするのか」に向けるべきです。

 

 

最初にその商品を買ったお客さんとは返品された時点で縁は切れています。問題は返品された物が再び販売可能かどうか、であり、それが「可能」なら、再販売を、「不可能」なら返送なり廃棄なりを選ばなければならない、という点です。

 

 

返品となると、お客さんがAmazonに商品を送り返した後、返金処理が始まり、その旨がメールで届きます。

 

返金

 

 

このメールを受け取ったとき、何か商品が返品されたな、と気づきます。あらかじめ問い合わせを受けていたら事前に気づきますが、大抵は何の連絡もなくいきなり返金処理のメールが来ますから。

 

 

実は販売不可でも販売可能な場合がある

 

 

「期限内に配送不可」だったら何か問題でも起きていない限り再出品されるので問題はありませんが、それ以外の理由で返品された場合、販売可能かどうかAmazonが教えてくれることはあまりありません。

 

不良在庫

 

 

ただ、商品が販売不可能になったときにこうしてメールで教えてくれることはあります。ですがこれはかなり親切な場合だけです。一目でわかるレベルで販売できない状態だ、とわからないとこうして教えてはくれません。

 

 

それ以外はどう判断するか、こればかりはテクニカルサポートに問い合わせても満足いく答えは返ってこないのです。テクサポと倉庫が密接に連携しているわけではなく、倉庫の人だってその商品の完璧な状態を知っているわけでもありません。

 

 

一応返品された理由を知る方法はあります。セラーセントラルの「レポート」のタブから「フルフィルメント」を選択して、その中から「返品レポート」をクリックします。

 

 

選択

 

選択肢

 

 

返品された時期は知っているでしょうから、調べる日から何日前かを逆算して「レポートの作成」をクリックすると返品状況が表示されます。

 

 

原因

 

 

商品名や数なんてわかってますから、右の「商品の状態」や、「購入者の返品理由」を確認します。

 

 

ここで「開封済み」となっていたから、ちくしょう廃棄だ!となるのはまだ早いですよ。これが「製造上のトラブルまたは不具合がある」で、「不良品の返品商品」となっていたらまず再販売はできないでしょうけど。

 

 

不良品

 

 

こうなっていたら望み薄です。ただ「開封済み」という情報だけは当てにならないことが多いです。僕の例だと、フタの開きやすい箱や、商品本体の重さに対して箱の強度が不安だな、と判断した場合袋で包むようにしています。

 

 

箱自体がビニールで包まれていたり、封印シールが貼ってある箱ならわかりやすいのですが、そうでない商品もたくさんあります。

 

 

商品自体はビニールで包まれていない箱を僕が独断で包装した物の場合、そのビニールだけがはがされていて、本体を開封していなくても、Amazonは「開封済み」とする場合があるのです。

 

 

そうなると、これは立派に再販売可能な商品となります。ですからたとえ望み薄な物でも廃棄するよりは返送したほうがいい場合もあるのです。

 

 

返送する場合の手数料は52円、廃棄だと10円です。再販売不可確実と判断するなら廃棄でかまいませんが、そうでない可能性がある場合は1度試しに返送してみても損が出ない差額ではないでしょうか。

 

 

返送はセラーセントラルの在庫画面から行います。

 

 

返送

 

 

返送したい商品の画面右側、「詳細」タブから「返送/所有権の放棄依頼を作成」をクリックします。

 

 

次に返送先と数量の設定画面に移りますので、返送先住所と返送したい個数を入力します。デフォルトでは登録した住所があらかじめ入っているので、変えたい場合は入力しなおします。

 

 

依頼画面

 

 

その後確認画面で確定させれば状況にもよりますが、7~14日ぐらいでこちらに商品が戻ってきます。届いたら商品の状態を確認しましょう。場合によっては再販売できる場合があります。

 

 

ただし判断は自己責任でお願いします。商品によって再販売できるかどうかは差がありますのでこれといった基準は示すことができません。

 

 

箱がビニールで包装してあってそれがはがされていないとか、ビニールはないが封印シールがはがれていない、なら再販売可能ですけど、それ以外だと判断は経験を重ねるしかないと思っています。

 

 

僕の場合、強度や輸送中に箱から商品が飛び出そう、と判断した商品にはクリスタルパックなどの透明袋で包装している物がありますので、それだけしかはがされていない場合は、再販売可能な物もある、と判断しています。

 

 

最後まであきらめず可能性にかける

 

 

あまり精神論には走りたくないですし、根性で何もかも解決するような考え方は僕の好みではありません。

 

 

ただしこれは仕入れた商品で、コストがかかった物なのです。再販売できない物を強引に出品するのはルール違反でやってはいけませんが、再販売可能なのに廃棄するのは機会損失でしかないからです。

 

 

返送手続きもセラーセントラルで数分で済むようなものなので、やってみる価値はあります。再販売可能ならしめたもの、手間と時間はかかりましたが、利益を出す余地が残されているのはまだ幸運なほうです。

 

 

その判断は自分でやってみないとわからない所が多いので詳しくは紹介できないのですが、僕の体感で言うと、再販売可能な物は大体返送される中の2割くらいは混じっていると思います。

 

 

これを死蔵してしまうほうがマイナスです。確率的には期待できないかもしれませんが、手間と時間は大して消費しない手なのでやってみたほうが利益につながります。

 

 

機会を逃さず、コストを常にはかりにかけ、リターンが見込めると判断したら果敢に行動したほうが結果は早く出ます。

 

 

この場合も基本は「原価を取り戻す」ことを主目的にするとよいでしょう。原因がどうあれ、1度ケチのついた案件ですので、利益に固執すると思わぬドツボにはまることがあるからです。

 

 

1度返品されたからといってすぐにあきらめず、再販売の可能性にかけてみると思わぬ結果が出るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です