定価以上で売ることに抵抗がある人へ

貴重

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

価格設定の話ですが、前回のように設定する数字を決めることではなく、決めることへの抵抗感がある人への心得みたいなものです。

 

Amazonでは商品が新品の本以外定価で出ているわけではなく、場合によってはそれ以上のお値段、いわゆるプレミア価格で出品されているのも珍しくありません。

 

プレミア価格で売ることができれば利益的にも大きいし、望む結果に早く近づくことができますが、それを狙う前に、定価以上で売ることに対する心理的な壁があるのもまた事実。

 

では、なぜ定価にこだわるのか、そこには教育で刷り込まれた概念が邪魔をしているからです。

 

定価は絶対のものではない

 

 

僕は今の物販のやり方に移行する前は、本を売っていました。その影響もあるかもしれませんが、仕入れ値をはるかに超える値段で売ることにもさして抵抗を覚えたことはありません。

 

 

105円(この値段、時代を感じます)で買った本が1万円を超える値段で売れたこともあります。利益率から言うとすごいのは確かです。

 

 

ですが、定期的にそれが仕入れられるならともかく、1回や2回ではたかが知れています。せいぜいが1~2万円の一時的な売り上げでしかありませんからね。

 

 

僕はそういう経験がありますから大丈夫ですが、中にはそれに抵抗感を覚える人もいるかと思います。とても良心にあふれた考え方ですが、利益を取るときにはブレーキとなる考え方でもあります。

 

 

ベースになっているのは、「定価が3000円なのに、6000円で売っていいのか?」という感じの思考だと思いますが、そもそも定価という考え方自体が眉唾ものです。

 

 

正しくは、「メーカー希望小売価格」というもので、あくまで希望、この価格で売りたい、という思惑から発せられた数字にすぎません。つまりこの値段が利益と販売のバランスが取れている、とメーカーが判断した数字でしかないのです。

 

 

さかのぼると、需要と供給という経済の基本的な考え方に行きつきます。まったく市場に出たことのない商品なら、マーケティングを駆使して価格を決めるのでしょうが、僕の言う物販では違います。

 

 

Amazonでの販売データをもとに、統計から導き出された価格から仕入れ値や仕入れ数を決める、ある意味手堅い商売です。株取引やFXでいうテクニカルな判断というやつです。

 

 

グラフの線の動きで仕入れを判断して出品しますので、余計な判断が入り込む余地がありません。ときにそれを超える要素が入るかもしれませんが、それは統計データとして次回に生かされるでしょう。

 

 

誠実であるべきはAmazonやお客さんに対してであって、それ以外、特に仕入れに関してはこの上なく貪欲であるべきだと僕は考えます。

 

 

今まで消費者として物を買う立場ばかりだった人が大半なため、定価以上で売ることに抵抗を覚えても仕方のないことだと思います。ですが物販をやると決めたならその考え方からは脱却する必要があるのです。

 

 

定価はメーカーの利害を考えたうえで決められたもの、それ以上に価格は需要と供給によって左右されること、いくらメーカーがその価格で売りたいとしても、売れなければ価格見直しを考えざるを得ません。

 

 

安易に値下げするのは戦略としては良くないのですが、競合する製品がたくさんあるときはやむを得ない場合があります。ですから定価は絶対のものではないですし、安くも高くもなる、ということを改めてインプットする必要があるでしょう。

 

 

プレミア化する商品は狙い目だが

 

狙い

 

 

需要と供給のバランスが崩れた状態になることでプレミア化する、となると考えられるのは…

 

 

☑限定生産品
☑メディアで紹介されて人気が高まった商品
☑人気がありすぎて生産が追い付かない商品
☑生産終了したがいまだに人気のある商品
☑災害などで一時的に需要が高い商品

 

 

などの要因を挙げることができます。

 

 

最初は誰でも思いつきますね。本、CD、DVDなどで初回限定盤、というのが多く発売されています。プレミア化するのはほんの一部ですが、仕入れることができればおいしい商品ですね。

 

 

メディアでこれが人気!と宣伝されて人気に火がつく物もあります。最初の要素と合わせると、人気があるけど亡くなった、活動を停止したアーティストの作品などが例となります。

 

 

人気があるけど生産が追い付かない、これは任天堂のswitchなどのゲーム機関連商品などがそうです。あれは意図的に生産数を調整していると思いますけど、だとしたら売り方としてはうまいです。

 

 

災害などで一時的に需要が高い商品、今まさにコロナウイルスの影響でマスクが買えない状況になっていますね。これを売ることは禁止になりましたが、売れるなら今でもプレミア化するのは間違いありません。

 

 

で、こちらが狙うべきは「生産終了したが需要がある商品」です。廃盤商品とも言います。現行機種よりひとつ以上前のものです。

 

 

廃盤が決まってすぐにはプレミア化しませんが、Amazonでの在庫、出品者が減ってくると価値が上がり始めます。自分が得意にしているジャンルの新製品情報をチェックしていると、気づきやすくなります。

 

 

プレミア化している商品は狙い目なのですが、定価以上になっていることで、お客さんの目が厳しくなっていることは考えておく必要があります。

 

 

ささいなことで返品されるリスクもありますし、値段が高すぎると新品でカートが取れなくなることもあります。こうなるとおいしい商品とは言えなくなりますから、モノレートでの統計を重視するのです。

 

 

過去に売れたことのあるデータで最大の数字を設定すると、間違いが起きにくいですね。

 

 

この値段でも売れるから出品されている

 

値段

 

 

僕の趣味全開、というか手元の私物でプレミア化している商品を例に挙げてみます。今回はプレイステーション2のゲームソフトです。

 

 

今やPS4でも型落ちになろうとしているご時勢で、そんな古いソフトに高値がつくのか?と事情に詳しくない人なら考えると思います。

 

 

物によってはつくんですね、これが。

 

 

プレミアソフト

 

 

僕がプレイした中でもトップクラスの出来であろう名作、「真・女神転生IIIノクターン マニアクス」です。プレミア化した物の中でもかなり有名な物ですね。

 

 

発売日は2003年2月20日、今から17年も前の物ですが、新品では15000円近い値がついています。中古・可の状態の物でも4690円です。

 

 

新品はこの値段でもカートが取れるのです。まだ売れる商品であることの証です。あまりに高すぎると売れませんから、「カートに入れる」ボタンが出現しません。

 

 

ボトムズ

 

 

こちらもなかなかのお値段ですが、新品の価格が高すぎてカートボタンがなく、「出品者からお求めいただけます」という表示に変わっています。これはこの値段では売れていないことを表しています。

 

 

バンピートロット

 

 

こちらも新品で17500円というプレミアがついていますが、カートボタンがあります。売れているんです。何に価値を感じるかはお客さんが決めることで、こちらが勝手に判断することではないからです。

 

 

わかりやすいので極端な例を出しましたが、定価より100円でも高ければプレミア化と言えますので、意外と敷居は低めです。あまり高騰していない物をねらえば利益に貢献してくれるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

☑定価はメーカーの思惑で決めているものにすぎない
☑価格は常に変動するものである
☑プレミア価格もモノレートのデータで決める
☑定価をはるかに超える物でも売れる

 

 

以上から、たとえ値段が定価以上になっていても、とまどうことも恐れることもありません。現在の相場や過去の統計から、プレミア化した商品を他と同じように売る、これだけが必要な行動です。

 

 

不用品などをヤフオクやメルカリで売ったことのある人なら抵抗感はないと思いますが、その経験がないと結構足かせになることがあるので取り上げました。

 

 

プレミア化にも長く続くものと、一時的にしか続かないものがありますので、仕入れ数はよく考えて決めてください。特にプレミア前提で仕入れ値が高いときは要注意です。

 

 

そんなときもまず1、2個だけ仕入れて売ってみるテストマーケティングをしておくと安心です。

 

 

あなたの利益が最大化されることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です