Amazon一強!販売はここで行うべき3つの理由

amazon

 

こんにちは、ハンダヒサシです。「月30万円のお金と1日5時間の自由をつくり次を考えるための余裕を得る」ための情報をお届けしています。くわしいプロフィールはこちら

 

物販というからには、商品を売らなければお金を稼げないのですが、いくつもある販売サイトであえてAmazonを推すには理由があります。その理由をやや強引ながら3つの理由としてまとめてみました。

 

 

Amazonでの販売をオススメする理由

 

 

 

人生を充実させる二大要素である、時間とお金を手に入れるための第一歩として、僕は物販をオススメしています。売る場所はネットなのですが、これがどこでもいいというわけではありません。

 

 

問題が全くないわけではないのですが、僕は売る場所はAmazonがいいと思っています。理由は大きく3つあって…

 

 

☑圧倒的なアクセス数

☑FBAが使える

☑販売データが取れる

 

 

これが強みです。

 

 

一つ目はわかりやすいと思います。ネット通販サイト、と聞けばまず最初に思い浮かべるほどの知名度があり、実際圧倒的なアクセス数があります。客が来ない通販サイトは価値がありませんからね。

 

 

人気のある商品なら、出品完了と同時に注文が入る物もあります。これもAmazonの集客力があってのことです。仕入資金の回収を素早く行いたい売り手側としては、商品が売れやすいAmazonは魅力的な販売サイトですね。

 

 

二つ目は、商品の梱包、発送、アフターサービスを全部Amazon側でやってくれる、FBAというサービスが使えるからです。

 

 

自分でこれらをやるのは相当、手間がかかります。僕も少し前は自分で梱包と発送をやっていましたが、ひとつひとつ商品を包んでは発送するのはかなり大変でした。

 

 

発送のやり方にしても、集荷を手配しても実際に来るまではタイムラグがあり、実質発送できるのは1日に1回が限度です。やろうと思えば自分で郵便局なり運送会社なりに出かければいいんでしょうけど、これを毎回やるのはまず無理ですね。

 

 

もちろんFBAにはそれ専用の手数料がかかりますが、それを差し引いても得られる利点の方がはるかに大きいんです。

 

 

FBAを使えば、仕入れ→納品→販売→梱包→発送→アフターサービスという、物販の流れのうち右の4つを自動化できてしまうんです。今ではこれなしでは考えられないですね。

 

 

何度でも言っていますが、時間とお金、双方のバランスが大事です。お金だけあっても時間がないと、それは貯金として積みあがっていくだけで、人生を充実させたとは言えません。

 

 

FBAは、時間とお金の双方を手に入れるための欠かせない要素と言えるでしょう。

 

 

ちなみに、FBAを利用した場合、売れたときにはこんなメールが来ます。

 

 

これだけです。何か問題でも起きないかぎり、これ以上何もする必要はありません。これがいかに楽かは、始めてみればわかります。

 

 

三つ目は、販売に関するあらゆるデータが取れることです。

 

 

たとえば、この画面です。ビジネスレポートの中の売上・トラフィックというデータなのですが、1か月に商品が何個売れたか、どれぐらい自分の出品した商品のページが見られているか、などの情報をすぐに知ることができます。

 

 

これはある程度慣れてからでいいので、始めたばかりのころは、それほど気にすることはありませんが、自分の物販の経営状況はどうなのか、を知るにはとても便利な機能です。

 

 

三つ目はやや強引な展開ですが(笑)、先に挙げた二つだけでもAmazonにする理由としては十分です。特にFBAの利用は時間の大幅な節約につながりますので、オススメします!

 

 

 

登録の準備、必要なものはこれだ

 

 

 

①インターネット回線と作業用のパソコン

 

 

パソコンの機種、スペックについては別記事で解説しますが、作業だけならそれほど高スペックなものは必要ありません。スマホでも出品ができないわけではありませんが、効率の面でパソコンがあったほうが断然楽です。

 

 

②電話番号

 

 

アカウント取得の手続き中に、電話番号を使った認証が必要になる場面があります。そのためにひとつ用意しておきましょう。固定電話、携帯電話、IP電話でもかまいません。

 

 

③メールアドレス

 

 

Amazonへのログインや連絡手段のために必要です。無料でとれるもので大丈夫、Gmailなどのメールアドレスを用意すれば問題ありません。

 

 

④クレジットカード

 

 

出品者の登録には、大口出品と小口出品があります。大口出品は月間登録料が月5000円ほどかかりますが、それ以外の手数料が安くできる利点があります。小口出品は月間登録料がいらない代わりに、商品ひとつごとに大口出品以上の手数料がかかります。

 

 

月50点以上の商品を売るつもりなら、最初から大口登録にしておくと面倒がありません。

 

 

クレジットカードは、大口出品の月間登録料の支払いに必要になる可能性があります。月に5000円以上の売り上げがあればそこから引かれるだけで、カードの口座から引き落とされることはありません。

 

 

⑤銀行口座

 

 

売り上げ金の振り込みに必要です。銀行口座なら何でもよく、ネットバンクの口座でも問題ありません。実際僕はネットバンクの口座を振り込み口座として使っています。

 

 

まとめ

 

 

物販を始めるなら、売るサイトはAmazonがいいという理由は3つあり、特に売りやすい点と、FBAを使える点で他サイトより圧倒的に有利だというお話をしました。

 

 

準備として、インターネット回線とパソコン、電話番号、メールアドレス、クレジットカード、銀行口座があればすぐにでも登録ができます。

 

 

アカウントの種類は大口契約と小口契約があり、物販を始めるなら大口一択です。理由は小口は1件売れるごとに成約手数料がかかり、月に50個以上売るなら大口の方が結果的に得だからです。

 

 

物販は誰でも始めることができ、覚えることが少なく、結果が出るのが速いのが特徴で、これから自分でビジネスを始めていくうえで必要なことをかなり知ることができるため、僕は時間とお金を得るための第一歩としてオススメしています。

 

 

これらが準備できたら、いよいよAmazonに登録しましょう。Amazon 販売アカウント 登録で検索するとわかりやすいサイトが出てきます。

 

 

始めたときは何かとわからないことが多いとは思いますが、先達が情報をたくさん残してくれていますので、大抵は検索すれば答えが出てくるのが心強いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です